ピンポンパールの種類

ピンポンパールの柄について

親の柄によって、生まれる金魚の色が変わるのはご存知でしたか?

  • キャリコ柄

    キャリコ柄

    キャリコ柄とは、赤と黒、そして浅葱(ブルー系)の三色を併せ持つ雑色です。

    キャリコ柄から生まれる子供たちの色
    • キャリコ

      キャリコ

    • ミルク

      ミルク

    • フナ

      フナ

    キャリコ柄から生まれるフナ色は、退色せず色が変わりません。フナ色の成魚を得たければ、キャリコ柄の親の子を選ぶ必要があります。
  • サラサ柄

    さらさ柄

    赤と白のきれいな模様がサラサ柄です。

    サラサ柄から生まれる子供たちの色
    • サラサ柄

      サラサ柄

    • 素赤

      素赤

    • ミルク

      ミルク

    • フナ色

      フナ色

    退色

    サラサ柄から生まれたフナ色の子は退色し、「虎柄」を経て「素赤」「サラサ柄」稀に「ミルク」になります。

その他形による特徴

柄のほかにも、特徴的な形で分類することがあります。

  • 出目ピンポンパール

    出目ピンポンパール
    飛び出した目が特徴的なピンポンパールです。
  • ちょうちんパール

    ちょうちんパール
    しっぽが鮒尾のピンポンパールです。
  • ちょうちんパール

    出目ちょうちんパール
    出目とちょうちんパールの両方の特徴を備えています。
  • ロングテール

    ロングテール
    アートアクアリウムなどで人気の尾が長いピンポンパールです。海外では一般的に「ロングスケール」と呼ばれるようです。

あなたの愛魚、探します!

「こんな柄・こんな形の子が欲しい!」
あなたのこだわりにお応えいたします。

ご希望のピンポンパールのご要望をSAKURAさらさにお伝えください。
店主があなたにピッタリの子をお探しいたします。
そのときお店にいなくても、ご希望にピッタリの子が生まれたらお知らせいたします。
お眼鏡に適った子は、事前にご購入のご予約が可能です!

お電話にてご購入相談

072-242-6637