まいにちピンポンパール!

選別の巻。その2

2015.08.10

世間は、もうお盆モードですねビックリマーク

今日は、昨日のお話の続きというか

そもそもなんで選別するの?
みたいなお話をちょっとしようと
思います目
ちなみに、あくまでもうちの
お店ではという話しなんで、
世間一般のお話と違うかも
しれませんのであしからずにひひにひひにひひ
まず、卵が孵化しいわゆる針仔の
段階でうちはピンポンパールなら
鮒尾の仔をはねていきます。
で、昨日のお話の当歳魚はてなマーク
なるまでに数回選別をします。
ここでは、尾の開きが良くない仔や
丸みが少ない仔、傾いている仔、
背ビレが切れて短い仔…
こんな感じでいろいろですねひらめき電球
で、何故選別で数を減らすのかはてなマーク
うちでは、80リットルの舟で
孵化させる事が多いので、
普通の産卵だと、卵の数が多いので
かなりの定員オーバーになります。
で、孵化してから稚魚の大きさに
合わせて、ひと舟あたりの稚魚の
数を調整して減らしていきます。
実際は、水換え時なんかに、数を
減らすついでに選別してる事が
多いですひらめき電球
ちなみに、定員オーバーのままだと
多分エサがちゃんといきわたらない
のか、かなりの確率でピンポンパール
だと細長くなります!!
あと、水の汚れもハンパじゃない
くらい汚れるので、水換えがとても
大変ですガーンガーンガーン
うちは、出来るだけ丸い
ピンポンパールにしたいので
この分けるタイミングが難しいです。
あと、何故はてなマークっていう部分に関して
上記と重複する点もありますが
こんな感じでしょうか…
1.その品種の特徴を持った仔を
   たくさん残したいから。
2.飼育もしくは、繁殖スペースの
   問題。
3.大きくなるにつれエサ代の維持
   がしづらいから。
4.稚魚の時に病気にかかると、
   よく全滅するので過密飼育から
   起こる水の汚れなどが起因の
   病気の発生を抑制する。
なんか、今日は面白くない話し
ですよねぇ(苦笑)
でもなんか、昨日の話しだけだと
言い忘れてる感じがしたのでべーっだ!
なんとなく、選別に関しては
こんな感じでしょうか目
このままで終わるのもなんなので
エサのお話を少し。
うちでは、サイズや種類を何種類
かを使い繁殖をしてます。
魚の調子や天気なんかでエサの
量を調整したりもします目
粒エサに関しては、結構銘柄を
かえていろいろ試してたりします。
ちなみに、こんな感じひらめき電球
{4E3EB06D-D9A5-406A-B19F-D943180BAC37:01}

写ってませんが冷凍の赤虫なんかも

使います。
そのうち、オリジナルのエサも
作りたいなぁ!!
明日も愛情いっぱい頑張ります!!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村